記事の詳細

今朝のZIPでは夏のレジャーに関するお悩みを検証していたね。

その中で、「お、これは我が家でも使える!」と思ったのは

浮き輪の空気を素早く抜く方法。

それも必要なものはただ一つ。

紙パックのジュースなどについている硬めのストロー。

ukiwa1

それを浮き輪の空気栓に差し込むだけ。

それではやってみよう!

スポンサードリンク




まずは、いつもどおり空気栓を指でつまみながら空気を抜く。

ukiwa5

空気が抜けるまでジャスト1分!

では、ストローをさして空気を抜いてみよう!

ukiwa2

おぉ、指が疲れなくてラクち~ん!しかもどんどん抜けていく!

時間は、55秒!

今回は子供用の60cmの小さな浮き輪だったから、

指でつまんでも、それほど時間がかわらなかったけど、

これが大きくなったら、指がつかれるので、時間に差が出るだろうな。

何より、これ、ストローをさすだけだから、

力のない小さな子どもでも簡単にできるのが魅力。

ちなみになんでストローを使うと簡単に空気が抜けるかっていうと、

空気栓の内側に弁があって、栓と弁での二重構造でフタがしてある仕組みになっているんだって。

だから外側のフタが外れてしまっても、急激に浮き輪の空気が外に漏れないようになっている。

でも、そのおかげで、空気を入れるときも抜くときも、

栓をつまんで、弁が開くようにしないと空気が出入りできない。

で、今回、ストローを栓に差し込むと、弁まで押すことになり、

指で栓をつままなくても弁が開いているので、

簡単に空気が抜けるってことなんだって。

子どもが多いと浮き輪の数があって大変だもんね、

今年の夏のプールは大人の負担が減ってラッキー。

いいこと教えて頂いたな~、ZIPありがとう!

スポンサードリンク

関連記事

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    ページ上部へ戻る
    金融取引