記事の詳細

eye著作者 Vanessa Kay
写真 Vanessa-Kay

この間、ネットで「このお母さん素敵だな~♪」って話を見つけたんだ。

物事のうわべだけでなく、ちゃんと根本から解決する姿勢、見習いたい!

このお話です↓↓↓

*********************************************************************

うち母子家庭で、

オカンが遅くまで仕事してたから

小学校終わってから託児所?みたいなとこに預けられてたんだ。

あたしが2年の時、

そのホームの一学年上の女の子Aから目の敵にされていた。

もう殴る蹴る当たり前。

背中に鉛筆刺されたりした。

Aからのいじめは結構長い間続いてたんだけど、

それが急にピタっと止んだんだ。

スポンサードリンク




 

■ 続き ↓↓↓ *★*―――――*★*―――――*★*

 

いじめるどころか面倒みてくれたり遊んでくれたり、もう別人みたい。

丸くなったっていうのかな、

Aは今までいろんな子と揉めてたけどそれもなくなった。

あたしもすっかり今までのこと忘れて、ほぼ毎日一緒に遊んでた。

長い間不思議に思ってたんだけど、

最近になってそれは母のおかげだったと知った。

当時の母、なんとかならんもんかとAの通ってた保育園を訪ね、情報収集。

先生によると、Aも母子家庭。

母親はAが悪さをすれば、理由も聞かずに怒鳴る殴るの人だったらしい。

その次の日から、母はAに対して親しく接するようになった。

休みの日一緒になって遊んだり、悪さしたらあたし諸ともしばいたり。

母がホームに迎えにくるたびにAが

「おばちゃーん!!」

って笑顔で寄ってきてたのを覚えてる。

今思うとものすごい懐いてたな。

母いわく

「結局、Aも寂しかってん。親でも誰でもいい、

思いっきり愛情もらえば人にあげる方法もわかるもんや」

だそうだ。

普段パッパラパーな母なだけに、ちょっと尊敬してしまった。

Aとは中学から別になったけど、

10年以上たった今でもうちに泊まりに来る。

この前家に帰ったら母とAが一緒に餃子つくっててびっくりしたw

「かぞくちゃんねる」より抜萃

**************************************************************************

よほど他人を受け入れられない場合を除けば、、

何歳になっても自分に声かけてくれる人には、意地悪できなくなりますね。

愛知県豊田市でおきたゴミ屋敷の火災でも、

自治会の方々は、この屋敷のご主人が「孤立しないよう」

顔を合わせた時イヤな顔をするのではなく、

挨拶や声かけするよう心掛けていたそうです。

相手を責めるだけではなく、信頼関係を築いていこうと努力している姿に

心が温まりました~。

あ~やっぱり人間っていいな♪

スポンサードリンク

関連記事

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント

    ページ上部へ戻る
    金融取引