記事の詳細

vitamin

今では手軽に色々なサプリが購入できる反面、信頼できる商品かどうか見極めるのは難しい~。

ある健康雑誌が成分表示通りに栄養が入っているか、ランダムに18製品検査したところ、全ての商品において表示量以下の成分しかはいっていなかったんだって。

日本はサプリの品質管理がとっても緩いんだ。

ただ成分の含有量に関しては家庭では検査できないけれど、もう1つ大事なこと、『体にきちんと吸収されるかどうか』は自宅で簡単に調べられる。

溶けない=吸収されない

ということだから、飲む意味が全くない!なぁんてことになったら、せっかく買ったのにがっくりしちゃう。

じゃぁ、普段自分が飲んでいるサプリがちゃんと体に吸収されているか簡単に調べてみよう~!

続きを読む>>

スポンサードリンク




 

■ 続き ↓↓↓ *★*―――――*★*―――――*★*

 

どんなにいい栄養素がはいっているサプリでも、きちんと胃の中で溶けなければ体内に吸収されず、そのまま体外に排出されてしまうことになる。

そんなのイヤだぁ、もったいないよね~。

ということで同じ栄養素で比べてみよう!

sapuri1

右が日本製のウコン、左がアメリカ製のウコン。

米国は製品の品質管理基準が厳しいから一緒に比べるにはいい対象。

胃の中で溶ける、と考えると熱すぎても冷たすぎてもダメだから37度のぬるま湯を用意してみた。

その中に入れてみる。

sapuri2

入れた途端に、両方ともサプリに表面に泡がでてきた。

なかなかいいんじゃない。

さて10分後↓↓↓

sapuri3

どちらも溶け始めてる。

20分後↓↓↓

sapuri4

ちょっと楊枝でつついてみると、モワ~っと崩れる崩れる。

温度がもう下がってしまったから、放っておいても溶けにくいかも。

30分後↓↓↓

sapuri5
もう1度楊枝でつついてみる。

ほぼ溶けている~!

30分後に37℃以下の温度でここまで溶ければ体内で溶けていることは確実!

う~ん、安いサプリならどけなかったのかもしれないな。

結果として溶けないものも証明したかったのだけど仕方ない~。

今回、アメリカ製の製品は、120粒(1日3粒で1か月強)4,400円のもの。

日本製のものも、結果がよかったので発表しちゃうけど、『やわた』の製品。270粒(1日3粒で3か月分)で7、344円。

成分の含有量まではわからないけれど、体に吸収されるという点では信頼できる。

ただ、注意してほしいのは今の段階では、サプリの品質管理の基準が日本は大幅におくれているということ。

アメリカでは、「cGMP」という品質管理のルールを設けその取得が義務づけられている。

でも、日本は、その取得が望ましい、とされているだけ。

成分が表示通りに入っているか、体内できちんと溶けるかの検査が省略できるので、値段やメーカーの信頼度で判断するしかない。
実際、表示通りの成分が入っていないサプリも多く販売されているともいわれている。

sapuri6

ヨーロッパや東南アジアでもこの「cGMP」がスタンダードになってきているので、サプリを選ぶ時は、生産国や「cGMP」の基準をみたしている、と表記されているものを選ぶのが確実。

安ければいい、ではなくて信頼できる製品が流通するようになれば嬉しいね。

スポンサードリンク

関連記事

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント

    ページ上部へ戻る
    金融取引