記事の詳細

この間近所のスーパー「ヨークマート 下板橋店」で東北フェアをやっていました。

その時、なんだか気になってかったお菓子『奇跡のりんごかりんとう』が、 オレンジページで紹介されていました。

11/2号です。

この号の7ページの左下、 「ご当地セレクトショップでおいしいもの見つけた!」

rinngo3

自分でおいしそうと思って選んだ商品が雑誌で紹介されるとなんだか嬉しいもんです。

そういえば、『奇跡のりんご』ってご存知ですか?

奇跡のりんごって?

奇跡のりんご」というのは、青森で無農薬、無肥料、自然栽培普及に努めている木村秋則さんが栽培しているとっても安心、安全なおいしいリンゴのことです。

りんごに限らず果物は農薬使用量がすごいですよね。

減農薬のりんごでも、農薬散布回数が14回、20回近いものもありますから、皮ごと食べるのにも勇気がいります。

それが無農薬、無肥料で育てられたというのですから、「奇跡」と呼ばれるのもうなずけます。

ただ、残念なことに、そんな安全なりんごをたべてみたですが、木村さんが自然栽培に取り組み始めた時から支えていた既存のお客様でいっぱいで、一般には流通していないようです。

奇跡のりんごかりんとうはどんなお菓子?

rinngo1

約8センチ×3センチ の大きさのひらべったいかりんとうです。

よくあるかりんとうのように、黒糖などでコーティングされておらず、平たくした生地を素揚げしたお菓子です。

堅さも、しっかりとした歯ごたえがあり食感が抜群。

噛んでいるうちに、ほのかにりんごの香りがしてきます。

ringo5

かたさも、味も「きらずあげ」というおからを使ったお菓子に近いです。

素朴な味わいでとってもおいしい!

中には、リンゴの実だけでなく、 皮や種、芯と、りんごをまるごと使ってつくられているのも魅力。

だって、皮や種など普段すててしまう部分にこそ栄養があるっていいますもんね。

奇跡のりんごを使った商品 

調べてみると楽天やアマゾンではあまりありませんでした。

かりんとう以外で見つけられたのは、『奇跡のりんごキャンディ』。

もう1つ気になった商品は、木村秋則さんが監修された『自然栽培米』。

毎日 口にするものだから安心して食べられるものがいいですよね。

**********************************

昔、アトピー改善のため、食事指導してくださった先生が、「日本で無農薬で果物を育てるのは難しい、無理なんですよ」とおっしゃっていました。

理由は忘れてしまいましたが・・・(´・ω・`)

それなのに、無農薬、無肥料のりんごを成功させて木村さん、どれほどの努力があったのか・・・。

阿部サダヲ、菅野美穂さん主演で映画になりましたね。

その時は気になりませんでしたが、ちょっとみてみたくなりました~!

スポンサードリンク

関連記事

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

    ページ上部へ戻る
    金融取引