記事の詳細

今朝のニュースで韓国の受験の様子が放送されていましたね。

まぁ、報道されているのはほんの1部の人のことで、大半はそうでないのかもしれませんが。

我が家にも小6(中学受験)と中2(高校受験準備中)の2人の子どもがいるので、気持ちはわかりますが、あそこまで熱狂的にはなれそうにない・・・。

でも、我が子を合格させてあげたい気持ちは痛いほどわかります。

セミナー好きの私は、子育て、人生が上手くいくちょっとしたコツ、スピリチュアル、などなどの話を聞きによくでかけますが、そこで聞いた話と、実際に受験で上手くいった周りの人たちと照らし合わせると、なるほど~と思う共通点が!

ちょっと思いつくままに書いていきますね。

ケアレスミスが多い子

 これは娘がそうなのですが、志望校判定で80%でるときもあれば、30%以下になることも。

で、家で解き直しをしてみると、できるんです、ちゃんと解けるんです。

そして、式はあっているのに計算ミス、などなど、実力はあるのになぜか間違えてしまう・・・。

そんなこと、みなさんのお子さんにもありませんか?

これはね、どうも 『親に不満がある』ということらしいです。

「もっと勉強しなさい」「マンガなんか読んでる場合じゃないでしょ」などなど口うるさく言いたくなりますが、そこはグッとガマンガマン・・・。

あくまでも、子どもが気持ちよく過ごせるようにしてあげるのが1番なんだそう。

急に「ホットケーキが食べたい」なんて言ってきた時に「急に言われても無理!」とつっぱねるのではなく、極力希望を叶えてあげる、「この問題、解き方わかったんだ、すごいでしょう、教えてあげる」といわれれば、教えてもらい「すっご~い!」とほめてあげる、そんなちょっとしたことで、子どものやる気がかわってくるようです。

また、これと言って心あたりない場合もありますよね。

でもそれには、親としては悪気はなくても、子ども達におやつを出した時などに、「お兄ちゃんの方が大きい、私は愛されていない」など意味もなく兄弟と自分を比べてしまうなど、親の何気ない行動に傷ついてしまう、そんな場合も含まれるそうです。

で、その子から「お兄ちゃんのおやつの方が大きい!」と文句を言われた時、 カチンときて「なによっ、そんなことないでしょ!」というのはNGだそう。

「ごっめ~ん」とトーンの高い声であっけらかんと答えるのがベストだそうです。

塾の面談では「秋というのは受験生が最も繊細になっている時期なんです」といわれました。

子育てセミナーでは「普段傷つかないことにも敏感になり傷ついてしまう、それがこの受験期です」といわれました。

そしてこれを解消するにはとにかく 子どもにたいしてあっけらかんと大らかに接することがポイントなようです。

家の中をとにかく明るく

「この家、受験生いるの~?」といわれるくらい家の中を楽しくする!これも受験を成功させるポイントなようです。

これは先ほどの「親に不満をもたせない」、と同じようなことですよね。

この時期、学校は受験モード、塾でも もちろん追い込みをかけてきます。

で、子どもは外ではピリピリとした環境で神経を使って帰ってくるわけです。

なのでせめて、家の中ではリラックスできるよう、居心地の良い空間を作ってあげるのが1番!

意外な落とし穴

受験生本人を褒めているのに、なぜか模試や試験で失敗する。

これ、意外でしたが、本人を褒めていても、兄弟を叱ったり、夫婦ケンカをしたりすると受験生が実力を発揮できなくなる場合があるそうです。

息子がこのタイプ。

本人はきちんとやることをやり、とても優しいので褒められる要素は沢山あっても叱る要素はない。

なのに試験でなんで?というくらい悪い結果なことがある。

で、考えてくと「あ~、試験前日に娘のことをきつく叱っちゃったな」ということが。

ここでもやはり明るく楽しい家であることが大事だなってわかります・・・。

最後に

ここまで読むと、「じゃぁ、勉強しなくても家があかるければいいの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、やはりこれはあくまでも、「しっかりと勉強をやりあげている」という前提で、です。

その上で、親が大らかで居心地のいい環境をつくってあげることが大事なようです。

私の周りでは、大学受験で「A」判定の子が全滅だった中、「E」判定の子だけが合格した、なんて話をよくききます。

で、その子本人によると、「どんなに試験の結果が悪くても親がうるさいこといわず、任せてくれたことがありがたかった」といっている場合がほとんどです。

そんな話をきくとどうも「親に感謝して試験にのぞめるかどうか」 、そのことが重要なカギを握っているようです。

なかなか子どもを前に『お口にチャック』をするのは至難のワザですが・・・、それで子どもの人生がかわるなら、親の私もなんとか踏ん張れそうです!

スポンサードリンク

関連記事

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

    ページ上部へ戻る
    金融取引