記事の詳細

この間、LINEニュースで紹介されていた記事に気になるものがありました。

それは・・・

肉まんを焼くというもの。

肉まんをはじめ、あんまんもピザまんも、あのふわっふわでほっかほかの生地がおいしいのに~、と一瞬おもいましたが、紹介されていた写真をみると、それはそれでおいしそう・・・。

で、早速焼いてみました。

nikiman

近所で手軽にかえる中華まんじゅうの中では、『中村屋』が好きです!

たま~に、5個入りのものが1コ増量している と嬉しい♪

しかも今日は10%引きでした。

すぐに食べてしまうから問題ないしね。

ゴマ油で焼く

nikuman2

熱したフライパンにゴマ油をひき、 上側(肉まんの模様がある側)を下にして、少し押しつぶすようにして焼きます。

5分くらいしたらひっくり返し、同じく5分くらい焼けば出来上がり。

nikuman3

まるで『おやき』みたい。

ゴマ油の香りがなんてこおばしいんだろう~!。

味は肉まんなんだけれど、生地が油でパリっとして食感がおいしい。

何もいわれなければ、『おやき』だと思われます。

トースターで焼く

これが1番簡単。

私は650wのピザモードで10分焼きました。

特にワット調整がない場合は、2~3分焼いて焼き色がついたら、上にアルミをかぶせれば、焦げずに焼けると思います。

で、できあがりがこんな感じ。

nikuman5

nikuman8

なんともいい焼け具合。

ゴマ油で焼いたものと違って、こんどは周りがサクっと軽い食感。

サクサクさっぱり。

皮の表面がサクサク、中はふわふわ、これまた新食感。

感 想

正直、もっと皮が硬くなりすぎる、周りだけ焦げて中の具まで温まっていない、など欠点があるかなっておもってましたが、全く問題なかったです。

『蒸す』というひと手間が面倒な場合に、ものすごくいい食べ方だと思います!

飽きた時にもいいかな。

ただ、保守派の息子は「ふわっふわな肉まんが1番おいし~」といってました。

それも確かに一理あり。

でも、どちらの焼き方も簡単でとってもおいしかったですよ。

電子レンジで硬くならない温め方

私は電子レンジで温めた食べ物はあまり好きではないのだけど、面倒な時にはやはり使います。

でもね、中華まんじゅうをお皿にのせて、温めると、お皿に触れていた中華まんじゅうの底の部分がかたくなるとおもいませんか???

商品説明には、ラップでくるみ電子レンジへ、と書いてありますが、やはりレンジに触れていた底の部分は硬くなります。

そこで、硬くならないよう、わたしはこの方法で温めています。

IMG_6714

まずは、肉まんよりも小さく高さのあるお皿(おちょこみたいなもの)を用意します。

これだと、お皿に触れる部分が少ないため、硬くなる部分がほんの少しなので気になりません。

IMG_6715

中華まんじゅう全体をサッと水で濡らし、お皿にのせ電子レンジへ。

これでできあがり。

ラップもいらないし、電子レンジならこの方法が1番簡単でおいしいです!

ぜひ試してみてね!

スポンサードリンク

関連記事

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

    ページ上部へ戻る
    金融取引