記事の詳細

子どもが小さいうちは、色々な飾りをつける鏡もちを買っていました。

でも最近は、何もないのは寂しいけれど、鏡もちを積極的に飾ろうという気持ちも薄れ・・・。

干支の人形がのった鏡餅を買っていました。

が、今年はなんとぐでたまの鏡餅を発見!

gude1

gude3

「新年にやってくる神様を迎えるお供え物」といわれている鏡餅。

いやぁ、神様、ぐでたまがのっていたら笑っちゃうでしょうね。

おもちを1つ入り。

お持ちにph調整剤が入っているのが気になりますが・・・仕方ない。

gude4

箱をあけるとまずぐでたまがでてきます。

gude5

そのあと、お餅と屏風と水引。

ちなみに、ぐでたま鏡餅は外箱を使って飾るので

外箱がきれいなものを選びましょう!

つぶれていると組み立てづらいです。

gude9

gude10

gude11

箱の差込口に、屏風をセットするだけ。

そしておもちに水引とぐでたまをかざれば完成!

gude13

ぐでたまの向きはお好みで (笑)

ぐでたまの色が黄色なので、みかんに見えないこともない・・・(笑)

gude14

おしりむき~(*^-^*)

ちなみに我が家では、今、無印のアドベントカレンダーの上にのっています。

gude15

ツリーの星にみえてくるから不思議です。

お正月がやってくるのが待ち遠しくなる鏡餅です。

 

スポンサードリンク

関連記事

2015年12月
« 11月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    ページ上部へ戻る
    金融取引